大型産廃

産業廃棄物とは、事業街道に伴って生じた廃棄物をさします。
廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)により定められたものです。
業種に関係はないものと、特定の業種の場合に産業廃棄物に当てはまるものに区分されるもので個体液状または、液状のものになります。

産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性など、人の健康に害を与える恐れがあって特別な管理を要する廃棄物については、特別管理産業廃棄物として区分されています。

大地震が起きた時のごみの対象
今回は災害廃棄物の処理について説明させていただきます。
補助される災害廃棄物処理事業として処理を行う廃棄物は、廃棄物処理法第22条に規定する「災害その他の事由によりとくに必要になった廃棄物の処理」として、被災し町村が処理を実施している廃棄物とされています。
大地震においては救済的で被災した中小企業から排出されるのがれきについて、市町村が収集・運搬および処分を行うことがあります。

また、被災して大企業についても、一部の条件を満たしていれば、市町村が実施したがれきの収集・運搬および処分は今回の廃棄物処理事業の対象となります。

錆びた車

災害廃棄物とは、地震、津波火災などの災害に伴い発生する廃棄物のことです。
災害廃棄物を「震災廃棄物」洪水などによる災害は器物を「水害廃棄物」と呼び、区別する場合もございます。(もちろん区別しない場合もございます。)

震災などの大規模災害では倒壊したため家屋から出る木材、コンクリート塊、瓦などが大量に発生慰してしまいます。一時的に増える(同時に収集も困難になります・・)生活ごみや、遭難所仮設トイレにたまる尿も災害廃棄物に含まれています・・・。

災害ゴミ

 人が生活していくに連れて、物がどんどん必要になってきます。
それは、近代化が進むに連れて、もはや仕方ない現状でしょう。産業廃棄物は、リサイクルできる部品は、しっかり取り除いっていきます。

そして、産業廃棄物の無駄な部分をなるべく少なくするように企業同士が協力するべきです。産業廃棄物をなるべく出さないようにするために、物を大事に使う事を心がけるべきです。産業廃棄物は、燃やす事も難しいです。
だから、処分の仕方も考えていってほしいです。

処理
 処理する事ばかり増えてしまうと、地球がゴミで埋もれてしまって、人が住む場所がなくなってしまいます。長持ちする商品を、企業は作っていくべきです。
利益が欲しいばかりに、商品が悪くなってしまう企業が、出て来てしまわないように、景気の調節を銀行や、政府が動いていくべきです。

もっと同じような製品を作っている企業が協力し合って、いい製品を互いに生み出す事が出来るようにするべきです。外国語の検定が、もっと大事にされていいはずです。

産廃所

 災害が起きたときは、まず第一に人命救助が優先されるのがなによりです。
しかし、家族の生存確認の方だけに、目がいっていてはいけません。

それに併行して、災害廃棄物の処理もしていかなければなりません。
当然、労働者に払うお金の問題が挙がってくるでしょう。また、廃棄物の埋め立て地は、現状を言うと、足りていません。とりあえず人が生活できるように、
災害の後に、掃除をすることが大切です。地方団体がしっかり対策を考えるのを怠らないようにしなければいけません。

サイト内検索
オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031